スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2015年07月30日

闻いて一曲と自然の声

風が吹いて一夜をや、結局雨が降った。窓越しに、聞いてるの屋外雨風にそよぎ樹木ざわざわ鳴る。覚(仏の音を聞くのは、まあね、人间のサンラクフードだったそうです。小雨の装饰された窓台で、たちを通过して雨の音のような形をして一皿を空豆して倒れ、軽快間はカップリングの人間ないくつもでるの気持ちを隠さなかった。
雨好き嫌いじゃないし、この厳しい暑さの夏、多くは雨の音を闻くことが好きです。雨は、もとは音がないってことはない、降ってかえると、数々の外に非凡な声が聞こえた。考えてみれば人間を愛で、自を美乐配なのである。
雨が落ちた人間でごそごそ違いもされ、违うと音がした。雨は、落ちた楼头、という滴翠の隆;雨は、落ちたが『を購入した。しかし、アナル百;雨が降り、あぜに落ちたと言っても、丰果足食;雨は、落ちた人間、自由の味が一品だ。

听雨、もしかしたらもっと多いのは自然の声をあげたのは、俗世の声をあげたのです!
雨は、が落ちた。凡尘点滴し、世の中のすべては、いずれもこの雨の後の世界の中に受けている洗礼を受けた。窓の外の事に1匹平平仄仄はげしく庭木時間に1匹叩いた音だ。深夜だったが、徐々にが誕生したのは夜を聞きながら窓の外の音ではさらに大きくなっている。深夜の格別の静けさが、自己たは、天から落ちてきた音で自然のどこにもはますますの霊と優しさを思う。闇の中で、万物はいつも内緒にしていたことは、我々は不可られるものと見られる。自己た音で大地に出すこぢんまりしたと明らかにした。灵动優雅さと
雨、落下した凡尘、世の中のすべてのものが声を上げた。いいえ、それは生命の绝叫であっても、それは自然の欢唱だった。森林が声を上げ、一草一木が歌います;楼閣が声を上げ、着工一瓦がないくらいです;大地が声を上げ、一山(イルサン)松浦はやんわりと……凡尘のすべてのすべて灵动、雨声を、まるで鸟はぶすりという幸せだろう。ということもあって、暗い音で优雅着飾った内容以外優しさを思う。いつの间にか点をあげてやみ夜広範囲にわたる好きではありません。
听雨、闻いて師匠、問題点を返した。ごとに1つの生きている人々のいずれもが一粒の世俗に憤ったのを魅了させた。家庭であろうか事業で、責任と理想はいずれも1つの人なのだ。家庭と事业の不顺は人に憂鬱と憤った不安な気持ちだった。听雨は心に復帰させ、魂がハプチョングン・チョンドクミョン落ち着いてきた。
听雨、闻いて一曲と自然の声をあげたのは、1段返した。确かにすれば心したいので、静で彼等月日、耳にする听雨!
  


Posted by 変化の年 at 13:28

2015年07月09日

爱は真心のために払って

smsサービスかもしれない電話一本で解決するような問題できましたが、それを书くのは、常に肯が出场し、かけたい未たたか虜に一方的にそれになじみの番号だった。自分が自分のの躊躇い徘徊するのか、それとも、何もかもがは愛の能動的にもたらしました。答えが分からの答えに、いつもまだ未解决の方程式は、自らが設置された砂鉢のうえにするのか、それとも伤心の惑わだった。の山が小さくなければと思いつつも、どのこんなに简単の心を動かした。雨戸雨は、梦はいつもそうな段取り、虹が空にも、それに見えないあなたの出现した。あなたの落日を略奪たかったんですが、といいたいところ夢の段取りだった。しかし、現実は私までとても远く、私はそのように自分だけがそびえている岸を见ていると、船首部分で鵜ジャンプ打の弾む。ほら、鯉打挺の美しさは、飞べーターのあなたの美しさ。私の本当の取ろうとしているのはあなたに、バラの花の香りがおまえをひとつの梦、君が甘美な微笑みの中に、お花の香り灿然との清甜と花の香りが香ばしい美しいです。

本当にいるのが大好きだが、それはあなたに逢えなくて来ました。君が故意なボクをするのか、それとも君だったんですが、私が爱を大胆にしなければならない。それらの横に口元を縦に抑えた日は、あなたがすべて过ごしました。まだあなたの感じで苦しんでいる。精神と爱の力を高めるため、あなたはいつもゲージが払えず、あなたが自分を饱きないながら、永远に設置してわなに歩いて出てこなかった。実はねばならず、何なのだろうか。でも自分の心を抜いた堂々さだし、大変なことがあればいつで投資だけを目前にしているが、捉え圏でも出て来ない。浮き足立っ自若の性格がなければならない、ぜんぶだと思っていたから目をそむける。爱は爱だろう?それへ行きましょう。はあなたのは結局、あなたのではありませんて、あなたの強要も色あせた。爱は真心のために払って、ではないかも知れない。ままごとでもございません。あなたを爱して、九头牛はかえってこなかった。君が好きじゃないでの、詰めかけ芝居の達人でもあった。自分に1つの測位の爱情は自分が好きな爱は自分を爱が好きでないのだ。ではないのが大好きで、ツケの会话ではなく、心の中で爱する回数をしなければならない。サッカーの試合サッカー大会にならなければならないという、勝者と敗者が自惚れに、やけくそしましたか?好きじゃなくて、口の工夫がなくて、更に甘い言葉ではなく、心の中で発の「愛」という文字を書く。結末がなくても、答えがないのだが、どっちが好きであれ真に一種の思想をより仕方がないでしょう?相手の后ろ姿を寄せているとまでは、海枯石烂、のように空だった。

天がうはずはない爱の権利を略奪一人だから、たとえは空想しないにしても、人の一生の首を長くしてと夢だった。彩桥機が天国で、あなたを见ることができるのではなくなったのだ。  


Posted by 変化の年 at 16:28生活情感

2015年05月05日

今夜も風も雨も

今夜も風も雨も、雷亦も動いても静電気DR REBORN好唔好
あの川の春水満員ですか。あの木の桐の花が咲きましたか?あの畑の麦の香濃ましたか?また、あの一面の空に淡々として、美しくてましたか?
たとえ、小さな一輪の花のような荒野の中にも、努力を迎える日差し浴び。たとえ、全世界はすべてを捨てたあなたも、少なくとも落葉に付き添って、依然として独特の香りを釈放する!
母親のマミさんの舞台を見てよ、子供のため陈媛明日、ステージで献身的に回転して、自分の命で。あの時、流れる涙を揺らし、感動しますか?胸が痛みますか?あの時、多くの人が涙を流した……
あちらの舞台、別れ20年に戻るには、マンマ.ミーアの戦場、唯美の声、あなたに1種の米の祭典、こんにちは明日!
それは、淡い淡い歳月、音もなく流れていても、あなたが願わ!
たくない、遠い山も考えず、遠くの水。あの山、水、老いていく、排毒老いたとされる時間の故郷を倒す。この時点で、雨の雫地下;今、風が吹い野野。この風、雨、影の影は、それらのあとを遠ざけてくれるの靑春。
を持っており、一面の空白、この見知らぬ世界に来て、ぼんやり空を見ていて、また大地。あの草、花、小鳥、飄々とした白い雲、流れる水、それにそびえる山。良い美しい世界も、静かでも移動の空間!
月明かりを注いだて弱々しい清光、または冷や暖かい。気持ちが、夜の流れに従って、あるいは暗いや明。かつての過去、未知の夢を、今は身の回り。そして、その轮を眺めて、ゆっくりと昇った月、心は無限……
小刻みな花火が、みな無言の痛み、いつの時繁華三千幕。起因の縁が消える、輪廻落ちず、昔風の薄いよう流水は氾さざ波……あるいは薄い涼、または淡々と、最終的には縁無の悔DR REBORN唔做黑店。  


Posted by 変化の年 at 17:32生活情感

2015年03月20日

あなたの時間は

花が咲くいつか君が現れて、必ず別れ;About us 關於我們あなたは私が帰りたい風景。
その年の夏晴れてあなたと私は出会いないので、人ごみの中で1つあなたを見て、やっと出てこれらの消せないこと。はっきり覚えてあなたと初めてのセリフ、あなたは物語の小さい黄色い花が生まれた年は浮いてから。私は黙々として笑った、そうあなたはその小さい黄色い花。あなたに出会ってから分かった命の美しさを、あなたが私に付き添って歩いたあの困苦の歳月、私の無邪気な花は開いているのだと思って、あなたは私を離れないの。私たちの軌跡が消え、あの空に虹の色を失ったかどうか、それなら私たちの出会いは神の書き損ないか、縁の淺い。
僕たち一緒に願ったあの流れ星は、夜空に輝く夜に墜落しても機票…あなたの時間は、砂糖を加えたコーヒー、苦しみの中で甘い、険しく楽しいので、忘れがたい。君からのメッセージがないには思い出を私に浸食され、その眠れない夜しか殘ってない。夢の中であなたがあいまいな姿も。知りたいのはあなたは今本当に過ぎるのが良いですか?こうすれば私は自分の言った数回、こんな時間に私はずっと咲いている――タンポポ。時間は私はあなたを忘れて、しかし私はあなたを忘れる前に、私はあなたを愛したくて、もう一度、その一秒だけでも、たとえ遠くであなたを見て、私も願って。
たぶん二度となどその晴れないかもしれないが、もう会えないと思いますが、また別の涙が空になったが、まだ私に一面の晴天shopping in Hong Kong。  


Posted by 変化の年 at 17:34

2015年03月16日

靑春時代の中で

午後、私は長い回廊慌ただしく歩いたことがあって、1枚の秋葉が私の目の前でひっそりと舞い落ちて、また1滴の秋の涙。私は減速ペースを見ていて、秋葉に舞い降りに憂うつ、DR REBORN老闆人々も知覚の慌ただしく歩いたことがあって、心の中は突然1種の言い表せない悲しみ。
秋冬の風は冷たくなって交際して、私を縮み頭、考え方もまるで凍結されました。翻る秋葉をつむじへ私に打ち込んで、1ようが冬の猫はぬくもりを探しの慰めが、私は冷たい肌はそれからもらった少し暖く。また、あります1種の世の変転。当初の春雨、そして今の秋雨は続いていつか、風土の緑になった暗いくすんで。風はたくさん大きくなって、私は道端の木の葉に逃げ込む。素白無華のポプラ孤単な立風に任せ、寂しさが。
「風の吹く古木のような声が。」意識的に充てた枯れ葉雨の役で、地には、葉の暗く花殘。「涙が私が読んで読むと、は認めざるを得ない靑春は1本あまりに慌ただしい本。」人生は1本大書、人々だけがその人を越え、慌ただしく歩いたことがあって春夏秋冬。本の中でも数ページは喜び、れだけを殘して峠の記憶。
人生はもともといい辛酸、一生世の変転が常ならないように、誰もがこんなに、造物主に制定した極めて公正の法則。人は死んで、まだ未亡くなった、秋葉ように靑春の印を殘して。憂え悲しみ、辦公室設計喜びも、あるいは深いや淺に人の微妙な感じ、滑るように涼しい渓流石のように、冬の雪に覆われた畑の田野マイクロ濡れ。
しかし、葉はいずれ帰って。
人の記憶があるから、どちらがよいか悪いか知って懐かしい過ぎ去った靑春。しかし、誰が知っている後には懐かしい今か?時間を一秒1秒の過去、それは誰のために停止しますか?人生の道の途中では、多くの港灣、または光溢彩、または暮靄垂れこめている。歳月の足音が聞こえる、木に殘るサークルの年輪を殘して、人は、文字列の感傷。
私は靑春のしっぽをつかんで、この後の靑春時代の中で、私は幻想と憂いと悲しみに満ちている。未来についてちょっと茫然として、立っている霧嵐つきまとうの森で、どうせ方向が探し出せない。白く照り映える月側での時、田んぼの中にはどうしても出てくる洋洋の烟波、私だけのような思想が縦横無尽にぶらぶらしている。
瞬く間がまだ終わらないにもかかわらず、靑春、私この片色とりどりの花の中で、保持している心の方が静かに。寂しさは魅力的な、私の寂しさの中にするの純真さ、寂しさに靑春の存在を明らかにする蘇家興。  


Posted by 変化の年 at 13:01生活情感

2015年03月10日

車の通る道を歩く

車の中で、私は頭の中で唯一の出現のひと言は彼女は「障害者も仕事ですか?」
私はもちろん仕事する必要がある、私は自分を養って鑽石能量水 問題、これからも私を養うために農村農業を生の親。小さい事故の面倒を見るために障害のある私は、彼らはとっくに白い髪にも身をまっすぐでない、両親は古くなって、私は自立して、私はずっと親に頼るか?いいえ、私はできないで、こともない。
私は知らない人は一体どう私、私たちは、身体障害者が、私に触れる人にとって、それぞれのちょうど知って私は身体障害者のころは、わざわざ私を見てよ。私は人に見られる両眼が感じた、何も感じないので私は身体障害者は一段劣って、ただ人々は私に直面する時に見せるその私何を形容の表情は私にばつが悪い。
はい、私は身体障害者、私が着義足、私は歩いてそれでは自然、美しくて、多くの時に私は更に他の人の助けが必要だが、私だけは障害者だけで、私が自分で処理することができる、たとえどんなに不便私も簡単に助けを求めない開口。
私は誰のせいでもないと思って、権利は誰のせいに行って、私はよく生活してDR REBORN抽脂 、1部の自分ができること、自分を養うことができると思って、人々の尊重を正視しないと、驚きと同情。
私は知らないで、中国のどれだけの身体障害者、私は行きたくないので調べて、冷たい数字は私に体が震えているのは、私の仕事は私が毎日私と同じ身体障害者に直面して、しかし私はやはり見見て彼らを恐れ、怖い、怖い見て彼らの目つき、あれは1種のは苦痛と希望の中のあがき。
出て仕事をしたこの1年以上の時間の中で、私は何度も目を受け人々の「関心」を見て、多すぎる人の目の中の驚きと「好奇心」、毎回私も彼らに対して言います:私を見ないで。
私は君たちと同じ、勉強、仕事、生活。
私は君たちと同じで、歌を歌って、買い物をして、映画を見て。
私は君たちと同じ空中少爺
車の通る道を歩く  


Posted by 変化の年 at 12:41生活情感

2015年01月27日

香る水密桃

毎年この時、記憶の中の桃も香り。年の夏休み、七月暑い、ちょうど桃のシーズンで、桃も現地に熱いて農家に欣喜雀躍、食いしん坊の子供を打つだろう口。
が手をつないで親の大きな手に、自動車に乗って、鑽石能量水 消委會子供の時の私達は彼らに従って穆阳、お見舞いに行きおじいちゃん、ばあちゃんと母方の祖母もしないと、その半分記憶のピーチの味が年に一。
ないけど山を越えることに会っていないで、春桃つ開いて、もう一枚の錦が、きっと食べ夏休み中の最も有名なの穆阳水密桃。成熟した桃のように、時チークのように、赤く。大蟠桃園のように桃、または半分斤八両、または、片手でないそれを牢から手をささげ持って、頼んで。薄い皮、上付き細い毛。そっとめくる皮、見れて甘い汁にあふれた果肉、透淡いピンクのなまめかしくはにかむ、かすかに。一口かむの下、桃の汁を放ち、口腔へ夢中になって駆けて行く。それだけでなく、情熱の姿勢と未出出会いこんな熱い舌、思い上がるの親しい間柄。そこで、手に、顔にも甘い汁が至る所に、1年1節のように、食べるって?!もしおたおたして、桃を転がり、跳び衣裳まで上がっていって、殘して汁まみれになって、消えない。幸いにその時はまだ小さい年齢、刺さっている人の山の中、ひたすら「直通車」、口へ行き、胃腸、たとえ食べ相観、も全然気にしない。

毎回親族訪問を終えて、穆阳駅などの車に、当時はちょっと太って大きい体の祖母はかならず人込みの中で侧の流れと戦って番、相互し、多くの屋台の行商人が前へ移動過去。彼女はいずれも彼らのかご、小さな露店を出す前に商品をよりよく、駆け引き1番後、売りの下で安い水密桃。「でか足板呱唧呱唧」に踏み動手する、片手で持って蜜桃、卓悅Bioderma手早く無秩序の人波が重なって、自動車動前を結んで、大きなハンカチ四頭の簡易「包装袋」に入っているのが大きく、味甜、色美の桃で窓の外に入ってから渡し。
この時の彼女は、私たちの前に現れたとき、おでこ、鼻の先の全はきめ細かい汗汗に濡れた服、彼女の背中に密着し、水洗いして一般。彼女は暇がない顔に汗を拭いている、喜べ交代私:“とても甘くて、水がたくさん。さっさと食べて。」あれはまるで突きを長くなりましたも手にできる化水のアイスキャンデー。私に会いにうじうじして着手していないで、早く手をむいた私。「食べる。」私は食べるのが流れてジュースでは、彼女は急いでポケットにハンカチを出して、ハンカチを見つける、私に持ってくしゃくしゃの大手態度を変える、口を拭いて、そして自分のズボンへにふいて、言います:“お婆さんのズボンは黒で、大丈夫。あなたの服でつけた汁。洗って行かない。」
たくさんの年に、ピーチはジューシーで香りの、おばあちゃんは駅からいただいた光景も、香りの。年後までについて、祖母の様々な記憶になって、ピーチの香りも削減した。
一度行って浙江一帯を現地旅行、一種の桃を吸うこと。たぶんも半分斤ぐらい、熟れた、殺戮のストローなど一般、ココナッツジュースは手に取っ吸着。食べ方は上品で、が妙に想いをくしゃくしゃの大手や、車窓の姿。
これらはすべて記憶、その車窓にやや肥満の姿は、鋁窗斉耳下の平らなショートしか、思い出のカードの中で探してる。桃のことについては分外に多くなった1分甘い、甘いの人に涙をしたい  


Posted by 変化の年 at 17:27生活情感

2014年12月24日

一人で家の日々を

昨年3月、妻に招かれた全市で訓練を受けてどの組織の業務時間3カ月という。
3カ月のあ!こんなに長くは妻にとってはいくら年間一度も経験したことのこの时间の长い研修に行った。
確定の训练に参加する前に、こんなに大きくなったことで、美白嫩膚妻はもちろん組み入れて私の意见を见て、私の态度はどうか。私にする教育に参加したという知らせを聞いて、妻を考慮して今回の訓練は、珍しいについての勉强も向上すること、その両手をあげて歓迎する。までしたが、妻のきらめきはを見せない……特に兴奋して、かえってはやや渋面の姿を見た。妻に読み取ることもこのような表現を聞いて訊いてきた妻に不快な原因となっている。もとは、妻は私のために悩んでは僕がこんなに長く一人で家に、日常生活できるかどうかは自分の面倒を見ているかなあ?からと言って、普段の一日三食、自宅ではどうなるのか。また、妻と一緒に暮らすのこの年まで、私たちの生活に惯れて、妻をなでて最も透を目にし、胸が一番よく知っている。妻に言われ、合点しました。
家で女房と、ほっとする教育に参加しましたが、ぐらいの小さなことに私は大きな男汉、ダイオキシンの!」
「、それを信じられない-、お前みたいな男』をまめ阵地にあっても1日3食の食事をやり遂げることができて顿顿を適時には、自分でやるんですか?」妻にいった。

「どこに何があるのか一人の食事に太リラックスしたならば、あなたは心配しなくていいよ」
にもかかわらずここまで、妻は安心はできない。隣接の训练に参加する前に、返して作成した「约法」三章」は「飲酒はできない」とし、一人で家で料理を作って夜更かししないわけにはいかない遅め!」脫毛
このようにして、家のすべてのことは、妻の段取りだった後、とっさに予定されているなどが出席した中、授業を受けた。
妻の家を留守にしてなわ「羊飼い」になった。妻が帰った後の翌日、私はいくつかの古くからの友人、约束をしていました。夜に一绪に押さえるバイオレンス・ムービーでの食事には一度酒足饭饱後で楽しかったんです!家に帰って、正常習慣的に読む読書をしてみよう、テレビ番組を記録したが、妻が聞こえない平日のあれらの小言を言う。心は不適応感じたりが何なのか。この夜、妻を定めた「约法三章」は自らよう知っ。一本。出鱈目もなかった守上手だった。正思い出してみると、電話が鳴りだしたのであろう、妻の電話が相次いでいる。电话で私の言葉をされないと言いながら、殴られた妻の1食の监督を抱いて、「2日後には酒を飲んでいたと言ってたんですか、口にくわえて帰るとお洋服!」ののしるだけがでしょう。どうせを右の左耳は闻いていた湯気が立って、イム女房に行くようにしましょう!
约が妻の训练に参加する後一週間の間、平日の無愁安心できないのですが、私は毎日退勤の一人が家に帰ってきたような気がして、心の中には、ちょっとからいつもと違って進が家にただならぬガランとしていて、つまらないのはとてもだった。一人でご饭したくない、部屋があって、全て鍛練にぼんやりとしていた。夜はいつもはベッドの上にテレビを见て、夜中に起きテレビはっ放しだ。普段、家の物を乱闘場」で、それにもかかわらず、それとも押し問答してしまった。
妻の教育に参加したあの三ヶ月だとは、难しいですが、ぼくのためだ。一人で家にのあれらの日々に、あれやこれや、職場での往来の接待に家に本当の自分手作り食おいしい食事のときは数えるほどだ。退勤の家に帰って、更に億劫収拾家事は毎日、個人が家の中で、まるでに落ちてしまった魂のように、何にも考えがない趣味を持っています。
考えてみれば、それらに一人で家にの日は本当に無滋味がないです!考えてみたら、それともには妻の味方になって好きなので、妻の家で殴って悪口を言わないで、毎日私に対してきりに小言を言う。私も毎日うれしくて、立派です!  


Posted by 変化の年 at 12:08生活情感

2014年12月09日

妳的美麗在我的天空飄蕩

  妳是我夢裏早已死去的姑娘,沒有人能夠找到妳,唯有我知道妳葬身地下的秘密,因為妳處女的秘密不能告訴別人,只有我才是妳愛的唯壹。
  妳變成壹個美麗的天使,在那美麗的月宮裏與嫦娥比美,妳和她們壹起奔月,那美麗的飄帶,象扯著我的相思在跑。妳還象懷抱著我似雪白的兔兒壹起奔月,那奔月般的美,美透了整個天空。
  妳又變成壹堆土,把我愛妳的秘密深埋其中,妳用妳土質的芳香把我的夢埋葬,我整天整夜的想,想妳的美穿過厚質的土壤,來到我夢囈的天堂,把我的夢深情的守望。
  妳又變成壹汪碧水,從我的河道裏流出,在那清新的河水裏,妳象在那兒赤裸著妳的小腳丫在洗滌,那浪沫裏飄出的芳香的美,醉透了我的河床。
  妳披散著妳美麗的秀發,在妳那愛撫的芳草上,那美麗芳香的接觸,那敏感的質地,相思夢裏的蔥籠壹並在這裏出現,愛撫,滑落,還象在頭頂降落在腳下,火熱般的燃燒,好似那美麗安詳的太陽落在山坡上,愛的草叢裏,芳香被清風吹拂著,象浮動的鳥兒的翅,還象那壹只手,在那裏浮動摸扶,好有境界般的接觸。妳的心還象壹座纖小的叢林,在地下在等待著我的鳥兒飛臨,我在妳的叢林裏飛舞,那懸美的境界,至高無上的榮光,在妳那叢林裏飄蕩。我簡直醉倒在妳的叢林裏,吸乳著妳的芳香。
  妳的眼睛在我的夢裏光芒的閃亮,象壹首首美麗的情歌,飄到我的心房。我把妳的情歌帶到我幻想的夢裏,在無聲地變換著愛的音符,象曲象詞又象夢,羅列在我的頭頂,妳的眼睛是我不散的魂靈,是那麽的根深蒂固被我埋在心中,我的美都被妳無聲的看見,被妳秘密藏在眼睛裏,藏在妳的心中。
  妳是我壹個死去的還活著的軀體,妳是我長眠地下的美人,妳用唇吻著我石頭般的弧線美,妳唱出我石頭般夢的歌謠,妳的歌聲象海礁裏穿出的美麗的飄帶,把我白鯨般的身軀繞纏,把我摟抱在大海的礁石裏,象珍珠母般的摟抱著我睡去,妳的呼吸就是我的呼吸,我白鯨般的身軀是妳夢囈的雲霾,妳和我都甜甜的睡去。
  妳的纖腰,象柔軟的枝條,阿娜得讓我無法去想。就象妳憂郁的胸膛裏盛滿了無窮的能量,那裏盛滿了我的想和愛的渴望。
  妳無視風兒吹拂妳的卷發,那雙寂靜的眼睛在妳的卷發上蕩漾,風兒飄取了妳的芳香,妳象香蝶在我的相思裏飛舞飄蕩。
  妳是我頭頂上快樂的天空,妳的美麗是妳那麽的安詳,我象躺在妳愛的軀體上,永遠的也不願醒來。
  妳是我夢裏死去的姑娘,妳的美麗在我的天空飄蕩,我是妳幸福的鳥兒,每天都會飛在妳的天空上,在叫著妳的名字飛翔。  


Posted by 変化の年 at 16:28生活情感

2014年11月27日

一人であっても

时间は本当にあまりにも、いつかはいろいろな太に聞こえる。ふふなのではないか、揃、时々の総爱感傷歳月の早さは急いだ。そうですか、未来を、誰が当てたがあまりにも绝対にではなくて、こうして天意の不意だった。未来のために、総を抱いているのはあまりに多くの幻想で、幻想はただ、退屈な時にたまに考えてみて、くれぐれもは気にしない、切実な錯覚だ。つまらなくて、寂しい、それとも過度な観点から心を怪我し、分かっていない。头がくらくらして头がくらくらして头を持っても、纖瘦店 一時の放漫で、漠然としたものは語った。
见えてこない清夜の黒されなくても、理解していない夜の淡々としている。つねるに着手することにしているのは、指数が场面が黙ってぼんやりとしていた。かつてのは、いつかの風塵、身内の風塵でありながらも、ちょっとの間で、気にすることを気にする必要はないよ、时间の流れ、血を流すの下の底には、ユーラシア悲喜こもごもの凉しいのです。
分からないのではないか、わかりたくありません;わかるか、わかるたくありません;马鹿、望天ぼんやりとしていた。そうですか。なんじゃない?日毎日毎日を过ごし、ぐうたらな頭を悩ませている。突然间にやっと発见して、运命の鍵を外し、だけではないが、ただどこか。忘れて楽しかったし、悲しみも私に所属していない。ゆっくりが一番本当です。
たまには方自身、冥想禅意。结局は自分でも喜びにうってつけに執着し、天意を见て。しかないのが順(承に見える時は自分をきちんとだけでいい。

振り向いヵ所、ひっそりとの間の不注意で放漫に努めた。酒と目が覚め人で酔いたい、ちょっと総は過去、と自分に通れそうにない。伤つけ(损ね)て自分に、過去へ、なぜ?
古い歌を闻いて、品を試すために歳月の酒、难しく飲み込んだ。自分が自分に、総勧でも自分。過去の総を演ずる。この先の坎坎坷坷だった。旅の中には、他人と自分。慣れない他人に慣れている漸熟知し、见知らぬ成知己だった。ひょっとしてもに夢中になると、ないのを見て、目が覚めると、梦(ゆめ)のままの自分がいる。
黒い糸成白髪白髪が蒼華があろうが、慌ただしく過ぎ去ってしまった。この生涯、あなたはあなた、私は私、来世もしかすると私はあなた、あなたは私がありません。ただ、覚えていない。徒労に無益かもしれません。教えようとするのか、意図的なのではないか、過去に残された。
天涯と岬は一粒の距离を間に挟んで海望えない自分とあなた。北極でも南極はただホストと织姫は,天の川阻止しなければならない。
ためらう間に発見され、油断した過去、惚けて気をつけないでDR REBORN抽脂 、やつれた自分に、忘れていた最初のままの自分がいる。复雑目頭をぼんやりして、を見誤った世界、複雑に努めた。简単に一番美しいです。
绝対した老黄历、行かない偽装、忘れられない傷ぐらいなら、ただ、自分は、必要はなかったはずだ。過ぎった気になるのか、気にしてふりをしている自分とは通れない、失败して徹底した揚げ句ほどしか残っていない汎白の思い出になる。
闇の中に、ちょうど运命づけかもしれない現象も一種のさっぱりして、非自分、それこそが、あなた。
人が生きていて、敢えて人目を引く自身、自分だけは自分だ。
颓然、自分自身で一人で鑑賞乗り回した野菊沈丁花、予習も自分に、悲しげもあなた自身である。ゆっくりと思いこんでいたの周囲支持あなたの彼、彼女。
夕暮れの中で、街灯の光の下で気取った単人影が見えた。むやみ声を出して、あいさつし用事が闻こえなく忠広だった。
一人で、二人の姿は、一人であっても、真実が存在している。ただ世界は相変わらず個の世界、人が最初のままの自分がいる。
ツバ宇の楼閣、思い出が流れ、ただは帰れない最初それも自分の夜明け前の暗い。
失意、ないかもしれない自分に适して、もしかしたら部は自分がありません。ただ、強制的に踏み倒さだった。疲れた自分に、倦意を失ったのだ。
一人はゆっくりと书ききれぎれの片思いがありません。reenex好唔好ただ、恐らく失うため、短期的な記憶喪失を選ぶのか…  


Posted by 変化の年 at 13:04生活情感
< 2018年08月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
変化の年